やっと組みたい墓地が組めました(強いとは言ってない)

無法者の晩餐
4 x 異端流し オニカマス
4 x 一なる部隊 イワシン
1 x ダンディ・ナスオ
3 x 終末の時計 ザ・クロック
4 x プラチナ・ワルスラS
3 x サイバー・チューン
4 x カラフル・ナスオ
2 x 獣軍隊 ヤドック
1 x カラフル・ダンス
1 x 盗掘人形モールス
3 x 斬隠蒼頭龍バイケン
4 x 百万超邪 クロスファイア
2 x 爆殺!! 覇悪怒楽苦
4 x 暴走龍 5000GT

前回に続いて墓地。ただし、今回はティムール。
めっちゃ流行ってるスタンダードな黒い墓地に対するカウンターみたいなところもなくはないです。

ここに至るまでに「青い墓地」「ティムール墓地(原型)」「デアリ墓地」の3つを通過してきての4つ目。
今回のオーダーは、
「キンスラは強かった」
「ヤドックは強い」
「バイケンを強く使いたい」
の3つ。

ひとつ目。
やっぱキングスライムプラチナワルスラしかない。

ティムール原型はtwitterから拾ってきたレシピをいじくったものだったんですが、その動きは2tブースト(アナリス・ジャスミン)からカラフルナスオに繋ぐもの。この動きが手に馴染まない馴染まない。
マナが増えるだけじゃクロスファイアは出せない、アナリスじゃGTクロスファイアを引っ張ってこれない、と散々回した挙句解体した記憶があります。

それなら爆破墓地と同じくサベージで回収すんべと組んだデアリ墓地だったんですが、これはこれでそもそもサベージすら引けないってことで結局すぐお釈迦にしてしまいましたとさ。
思い返せばデアリにもティムール原型にもキンスラはもちろんノロンアツトもいないわけで、初手と上だけで全部引いてこいってのはさすがに無理があるってもんなわけです。

つーわけでふたつ潰してキンスラ再登板。殴ろうと思えば3tから2点殴れるのほんと偉大すぎる。
イワシンの裁定の件もあってさらに強く使えるようになったので爆破とかにこだわりがなければ現状大安定だと思い知らされたのでした。

ふたつ目。
ヤドックは畜生。

それはループの皮を被った緑単パインJrビートダウン(多分逆)にボコボコにされたところまで遡ります。
相手の場にドヤ顔で居座るヤドック。手も足も出ないアウトレイジ。当時回してたのがティムール原型だったのもあって爆撃男もアツトノロンもなし。
加速だけは得意なもんでギリギリクロスファイアに手が届くものの、大体の場合パインJrの打撃力はそこまで到達することを許さないわけです。

かくして完全敗北を喫したアウトレイジ軍団。じゃあどうすんべと考えました。
結論、強いなら味方に引き入れよう。

と、いうわけで現状2枠のヤドック。同系はもちろん大きく不利がついているロージアダンテに対してぶん投げていきます。
キンスラの都合で2tは加速ではなくキンスラの種を出すため、最速は頑張っても4t。同系は後手だとギリギリ間に合わない感じですがじゃんけん負けなければ問題ないです()

ここもう1枠くらい採りたいです。赤が減るかダンディナスオが消えるか、明日はどっちだ。

みっつ目。
エゴだよ、これはエゴだ。

イワシンがキンスラごと墓地に行っても効果を使えるようになった。
よし、バイケン入れよう。

そうはいってもデュエルマスターズは(ルールブックによると)盾をゼロにして勝つゲーム。キンスラより早く強く盾をぶん殴ってくるかもしれない。
そこで何も考えずに投入したのがサイバーチューンでした。入れた後考えて4枚から3枚には減った。

ティムール、というかカラフルナスオの特徴なんですが、一旦マナゾーンに置いてから改めて墓地に置くカードを決められるわけです。これの何が便利かって呪文積んでも意外とごまかせる。青いルーターに真似できない利点は積極的に使っていきます。
墓地にハードラック積みたい信者のりささんもこれにはにっこり。

サイバーチューン投入の副産物としてキンスラ引けなくても最低限墓地とハンドを整えられるので、初手に来た場合も最強ではないにしても悪くない動きはこなせるかなってところです。
最悪サイバーチューン→カラナスで墓地6枚溜められるのでクロスファイアは投げられます。

バイケンは最強なんで今更語ることもないです()

やりたいことはそんな感じ、全部大体実現できたので満足。結果は知らない()
構築はまだまだ全然詰められそうなんですが、ひとまずマイルストーンとして一旦残しておきます。
多分メタリカ辺りに勝てない。

Tagged with:
 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>